悩みを抱えてやってくるお客さんたち

アロマセラピーの技術によって、お客さんを癒す…これがアロマセラピストである私の基本的な仕事内容です。
ですが、これだけでは解決することが難しい悩みや、トラブルを抱えている方も少なくありません。
アロマの力では解決することができないものに関しては、本来であれば対応する必要はありません。しかし、あまりに真剣に相談を持ち掛けられてしまうと、一人の人間として、つい応えたくなってしまうこともあります。

もちろん、私はあくまでただのセラピストですので、できないこともたくさんあります。それでも、真剣に話を聞き、自分なりに応えることによって、少しでもお客さんの心を軽くすることができたらな…なんて思っています。

ここでは、そんな悩みを抱えたお客さんの話を少しだけしてみたいと思います。

◆話すことで解決できる問題もある?

悩みを打ち明けられたとしても、セラピストがその手で悩みの種やトラブルを直接解決することができるわけではありません。
だったら聞いても意味がないのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、考えてみてください。私が相手をしているお客さんは、あくまでアロマセラピーを受けているだけです。(たまに変な期待をしている方もいらっしゃいますが…)だから、アロマで解決することのできないような問題まで、私に解決してもらうことを期待している人なんてほとんどいません。
それは私が頼りないから、といった理由ではなく、私が単なるアロマセラピストであることを承知の上だからです。

では、どうして私に悩みを打ち明けてくれるのでしょう?
なぜなら、悩みの中には、ただ誰かに話をすることによって、解消することができるものも少なくないからです。

毎日の生活で抱いてしまう不安や不満を、誰かに打ち明けてしまうことによって解消することができた、という経験はありませんか?
愚痴をこぼすことによって、ストレスを解消し、「明日からまたがんばろう!」という気持ちになれる、という方も多いのではないでしょうか?

話すだけで、悩みを解消できるかもしれない…そんな気持ちから私にさまざまな相談をしてしまうのかもしれません。

◆二人きりだから話せること

特殊な場合を除いて、アロマセラピーは私とお客さんの二人きりで施術することになります。
悩んでいることの中にはあまり人前で話すことができないものも少なくありません。そして、誰かと二人きりでゆっくりと話をする時間を持つことができない、という方も多いでしょう。

そんな方にとって、セラピーの時間は、誰かと二人きりで話をする貴重な時間と言えるでしょう。この機会を利用して、悩みを打ち明けてしまおう、と考えるのはごく自然のことかもしれません。
アロマセラピーでリラックスしながら悩みを打ち明ける…これによってお客さんのさまざまな悩みを解決することができるのであれば、私もセラピスト冥利に尽きます。

ここでは、私がセラピストとしてお客さんから受けた相談、そして私が考えたこと、感じたことをご紹介して行きたいと考えています。
もしかすると、あなたにもリンクする悩みを見つけることができるかもしれません。ぜひ、最後までお付き合いください。

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.