虫除け効果のあるアロマ

アロマにはなんと虫除けの効果があります。スプレーやクリームを作れば、手軽に効果を実感できるでしょう。今回はちょっと番外編。虫除けに効くアロマについてご紹介します。

◆市販の虫除けは危険?

虫除けスプレーに含まれるディートという薬品は近年、有害性が指摘されるようになってきました。通常の使用では問題ありませんが、傷口や唇といった敏感な部分、もしくは体内に取り込まれたり過剰使用してしまったりした場合には神経障害を引き起こす場合も。そこでお勧めなのがアロマで作る虫除けスプレーと蜜蝋クリームです。

◆虫除けに効果的な精油

虫除け効果のあるアロマにはシトロネラ、ユーカリシトリオドラ、ゼラニウム、レモングラスといったものがあります。どれかひとつを使っても良いですし、ブレンドしても効果があります。ちなみにペパーミントも効果がないわけではありませんが、前述したものに比べると少し効果が弱いと言えます。

◆虫除けスプレーの使い方

身にまとう場合にはスプレーを使います。作り方はとっても簡単。まずはキャリアオイル5mlを器に入れ、精油を10滴入れます。この二つをしっかり混ぜ合わせた後、スプレー付きの遮光瓶に移し、そこへ水45mlを入れます。良く振ってからお肌にスプレーすることで、虫除けの効果が得られます。

作成時に使うキャリアオイルはホホバがお勧めです。また、代わりに無水エタノールを利用しても大丈夫です。お水も水道水で結構ですので、手軽に作ることができるでしょう。

ただし、注意点もあります。ひとつは、虫除けスプレーは効果が持続しないので、時々つけなおす必要があります。そのため、持ち運ぶ必要が出てくるでしょう。また、約2週間程度までしか持ちませんので、それまでに使い切るようにしてください。

◆蜜蝋クリームの作り方

スプレーは手軽に作るのが利点ですが、効果が持続しないという欠点もあります。もしも効果を持続したいのであれば、少し手間がかかりますが、蜜蝋クリームがお勧めです。

時間はかかりますが作り方自体は単純です。ビーカーに蜜蝋とキャリアオイルを入れ、かき混ぜながら湯煎します。おおよそ5分程度です。蜜蝋が溶けたら瓶に移し、冷ましながらかき混ぜます。周囲がうっすら白くなってきたタイミングで精油を加えましょう。よく混ぜたら固まるまで放置。これで完成です。

注意点としては、スプレーと同じく2週間で使い切ること。また、3歳未満のお子さんの肌には使わないようにしてください。これはスプレーの場合も同じです。後はお肌につけた後でヒリヒリしたり赤く腫れたりした場合にはすぐに使用を中止してください。

今回はアロマの意外な効果をご紹介しました。市販の虫除けスプレーなどが合わない場合には、ぜひお試しください。

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.