アロマテラピーで安眠効果を

現代人はストレスと共に生きているといっても過言ではありません。そしてそれが原因となり、夜よく眠れない・・・なんてこともあるのではないでしょうか?そんな時こそアロマテラピーの登場です。アロマの香りにはさまざまな効果がありますが、安眠にいざなうというものも。就寝前に香りを楽しむことで、ぐっすりとした深い睡眠に入ることができるでしょう。ここでは柑橘系・フローラル系・ハーブ系の3種類に分けて安眠効果のある香油をご紹介。ご自身に最適なものを選び、毎日の睡眠の質をあげて、疲れを明日に残さない暮らしをしていきましょう。

◆柑橘系ですっきり熟睡

柑橘系の香油で安眠効果があるものはまず「オレンジ・スイート」。果実の甘い香りで、気分を明るく、さらに深い眠りに入りたいときにはおすすめです。また、お肌に対してもよい効果がありますし、下痢や便秘といった体調面にも好影響が。食欲不振の際にもよいですね。

また、美肌や妊娠線に効果があるという「マンダリン」もリラックスして眠りたいときにはおすすめです。ストレスからくる食欲不振にも効きます。しっかり熟睡したい時にはぜひお試しください。

◆フローラル系でまったりリラックス

心をリラックスさせたい時にはフローラル系の香りがおすすめ。その中でも「カモミール・ロマン」は心が疲れている時には非常に効果的です。青リンゴの甘い香りが、きっとあなたの心を癒してくれます。

また、甘いだけではない、ちょっとだけほろ苦い香りをもつ「ネロリ」もストレスで疲れてしまった時には効果的。体調不良に陥っているときにもおすすめです。そして最後に「ラベンダー」もご紹介します。ラベンダーの匂いは深い安眠を誘ってくれるので、本当にぐっすり眠りたい、という時には効果てきめんです。

◆ハーブ系もおすすめです

クラリセージにはナッツのような甘く深い香りで、精神的な不安や緊張、恐怖などを解きほぐしてくれる効果が。就寝前にお部屋で楽しめば、ストレスなくベッドでゆっくり眠ることができるでしょう。

また、ハーブ系で忘れてはいけないのが「マジョラム」です。効果の範囲は広く、自立神経系に働きかけ、不眠だけでなく呼吸や消化、食欲不振の緩和といった効果が期待できます。スパイシーで温かな香りで、さまざまなトラブルを回避しましょう。

このほかにも、安眠効果のある香りとしては樹木系の「プチグレイン」などがあります。どれもすばらしい香りと効果がありますので、ご自身にぴったりなものを探してみてください。きっと毎日、就寝時間が楽しみになって不安や悩みが吹き飛んでいくはずです。

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.