アロマを学ぶのは、スクール・通信教育・独学、どれでもOK

アロマテラピーの資格を取得するには当然勉強が必要になります。しかし、どんな風に学べば良いかわからない、という方も多いはず。そこで今回は、アロマテラピーの学び方についてまとめてみました。資格取得を目指している方はぜひ参考にしてみてください。

◆その1.スクールに通う

アロマテラピーを学ぶ方法としてもっとも近道となるのはスクールに通うことです。特に認定スクールと呼ばれるところを受講すれば、間違いのない知識を得ることができるでしょう。また、独学や通信教育では学べない実践的な方法なども知ることができますので、その後の活用に役立つはずです。

また、個人では準備するのが難しい精油などの基材もスクールには用意されていますから、貴重な経験を積むこともできます。アロマテラピストにとって、こうした経験は非常に大切なもの。知識として知っているだけでなく、自分自身で体験したことを活かすことができればより深くアロマについて理解ができると言えます。

◆その2.通信教育に申し込む

「アロマテラピーを学びたいけど、学校に通う時間がない・・・」という方には通信教育がお勧めです。例えば通信教育で有名なユーキャンなどへ申し込みをすれば、さまざまな教材が送られてきますので、しっかりアロマについて勉強することができるでしょう。費用的にもスクールよりは安いので、手軽にはじめられる方法です。

ただし、注意としてはやはり自分自身でやる気を出さなければ身には付かない、ということ。いくら教材があったとしても、それを読み進めていかなければ意味がありません。申し込みだけはしたけど、結局最後までやらずにタンスの肥やしとなってしまった、という人も多いでしょう。「絶対に資格を取るんだ!」という強い意志が必要になります。

◆その3.独学だってOK

最後の方法は独学です。自分一人でも十分にアロマテラピーを勉強することはできます。基材や本などを購入し、マイペースに進めていってください。実際には、趣味でアロマテラピーをはじめ、その知識を基に後から検定を受けて資格を手にした、という人も多いです。やる気と根気さえあれば、十分に資格取得は可能でしょう。

コツとしては、とにかく楽しんで学んでいくことです。アロマテラピーの効果について実感し、家族や友人などにも協力してもらいましょう。大切なのは実践です。本だけを読んでいてもアロマテラピーは身につきません。

アロマテラピーは誰でも手軽にはじめられるものです。そして、より深く知れば知るほどに魅力がわかるものとも言えるでしょう。楽しく学んで、その結果として資格を取得できれば良いと私は考えています。みなさんもぜひチャレンジしてみてください。

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.