アロマテラピーの基本的な楽しみ方

アロマテラピーにはさまざまな楽しみ方があります。もしも「匂いを楽しむ」ことしか知らないのであればもったいないので、色々な楽しみ方を知るようにしましょう。今回は「嗅ぐ」「お風呂」「作る」の3つに分けて解説を行います。

◆芳香浴で香りを楽しむ

アロマテラピーのもっとも簡単な楽しみ方は「匂いを嗅ぐこと」。いろいろな方法がありますが、ティッシュに数滴をたらし、香りを楽しむのが最も手軽な方法です。気分転換などになるので、ぜひ試してみてください。

アロマポットを利用するのも良い方法です。しかし火を使わなくてはいけないので、取り扱いには十分注意しましょう。また、ある程度お湯を入れ、そこに精油をたらした方が香りの立ちが良くなります。

また、コップにお湯をためてそこに精油をたらすだけでも十分です。火気の使用がないので、枕元に置いてそのまま就寝しても大丈夫。最近はアロマディフューザーといった機械もありますので、必要に応じて買いそろえても良いでしょう。

芳香浴とは違いますが、コップにお湯を入れ精油をたらし、蒸気を吸い込む「吸入」という楽しみ方もあります。この際は目を閉じ、頭からタオルを被って行いましょう。

◆お風呂で楽しむアロマテラピー

お風呂にお湯をはり、そこへ5滴を上限として精油をたらします。これで香りの良い入浴タイムを満喫できるでしょう。ただし、皮膚に対して刺激が強いものや光毒性のある柑橘系の精油を使用する場合には注意が必要です。

また、天然塩を混ぜ合わせれば身体をポカポカに温めてくれる効果もあります。だいたい50g程度の塩に精油を4~5滴混ぜ合わせるだけでOK。グリーンクレイを10g混ぜ合わせるという方法もあります。

全身浴だけでなく、部分浴もお勧めです。手や足、肘といった部分を洗面器に入れて温めます。洗面器にはったお湯には数滴の精油を入れて、じんわりとした温かさとかぐわしい香りを楽しみましょう。

◆肌にあてて癒やされる

湿布やトリートメント、手作りコスメを自分で配合し利用するという方法もあります。湿布には気分転換や肩こり、頭痛といった効果があり、疲れている時などにお勧めです。作り方は簡単で、洗面器にはった水へ精油を3滴たらし、そこにタオルをひたします。取り出してからしっかり絞れば完成です。トリートメントやコスメについては、その精油によってさまざまなレシピがありますので、ご自身が気に入るものを探してみましょう。

この他にも、アロマテラピーには色々な楽しみ方があります。ですが、まずは今回紹介した方法をご自宅で試してみてください。基本的な楽しみ方さえ覚えれば、今後もよりアロマテラピーを活用できるでしょう。

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.