逆にドMな客だと喜ぶので「さじ加減」が大切

「ヘンタイ」客の中には、ドMなお客様もいらっしゃいます。普段、Hな客にはSで対応していますが、M客にとっては興奮を煽るばかり。この時ばかりは、「さじ加減」が必要なのだなと思うCHIAKIです。

◆私は女王様ではありません!!

「踏んで下さい」というお客様…。大柄の方に、「足で揉んで」とか「背中に乗って」と言われることは良くあります。恐らくそういう意味ではないと思いましたが、とりあえずやってみることに。

背中を足でふみふみ。「あぁ、もっと強く!」この時点で、目的が違うのは明らかです…。「まぁ、マッサージと思えば良いか」と思い、半ば呆れつつも要望どおり強く踏んであげました。

でもそのうち、「ツバを垂らして~」とまで言われたので、さすがに「そこまでは出来ません」ときっぱり拒否!

◆予約するお店、間違っていませんか!?

私を部下のOLに見立てて、「部長!いつも、こんなことしてるんですか?」「恥ずかしい~」と言いながら、イジメてくれと言われことも。会社では、真面目な部長さんなのでしょうね!

「そのようなセリフは、恥ずかしくて言えません。ご要望には応えられないです。」と丁重にお断り!

◆赤ちゃんになりたい男性たち

Mと言って良いのかわかりませんが、甘えてくるお客さんもいます。
「頭なでて~」と言われたので、「ヘッドマッサージですね?」と返答。
「イジワル言わないで~」とモジモジしています。これは赤ちゃんプレイなんだ…と理解!

充分ソフトタッチにも関わらず「もっと優しくして~」との要求が。母親が、自分の赤ちゃんを愛おしむように、触れて欲しかったに違いありません。

別のお客さんですが、ダイレクトに「ママーっ」と呼ばれたことも…。

皆さん、愛情を欲していらっしゃるようです。人恋しいとか、誰かに触られたいという理由で、深夜に出張を希望する方もいます。その位ならいいですが、そこから先は求める相手が違いますよね!?

何だか可哀想にもなりますが、赤ちゃんになりきっているようでも、下半身は元気いっぱい。しっかり性の処理も求めてきます。Mな人は一見扱いやすいようで、本当に慎重な対応が必要です。SなCHIAKIもちょっと対応に困ってしまう、M客恐るべし!!

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.