動物と一緒に暮らす楽しさ

趣味と言ってしまって良いのかは微妙なところですが、私は昔から生き物を飼うのが好きで、さまざまなペットと一緒に暮らしてきました。もちろん、今でもいろんなペットと一緒に毎日を楽しく過ごしています。

そこで、ここでは私がこれまでに一緒に暮らしてきたペットの話をしてみましょう。

◆ペットの定番と言えば…やはり猫と犬

日本でもっとも一般的なペットと言えば、やはり猫と犬でしょう。特に私にとって猫は子供のころからとても身近な存在でした。
両親が愛猫家だったこともあり、物心ついたころには、いつも猫と一緒に過ごしてきました。

一言で猫と言っても性格はさまざまです。私が幼いころから実家にいた三毛猫はとても大人しく、人懐っこい性格で、やたらと触りたがる子供の頃の私を嫌うことはありませんでした。
それに対して、中学生になったころに家に迷い込んできたトラ猫は触られるのが大嫌いで、すぐに猫を抱きたがる私が近づくと、すぐに逃げてしまうばかりでした。

現在でも、ペットショップで買ってきたアメリカンショートヘアと一緒に暮らしています。

犬も、実家にいた頃に一時的にビーグルと一緒に暮らしていたことがあります。とても賢い犬で、名前を呼ぶとうれしそうにかけよってくるような子でした。このビーグルは兄が実家を出る際に連れて行ってしまい、一緒に暮らせなくなってしまいましたが、今でも元気に暮らしているようです。

◆実はヘビも飼ってます!

人に嫌がられることが多いので、あまり口にすることはないのですが、実はヘビも飼っています。
子供の頃からヘビが大好きで、たまに父の実家の田舎へ行くと大きなアオダイショウを捕まえて、両親に怒られていました。

とにかくヘビの愛らしい顔つきや、すこしひんやりとしてすべすべした触り心地が大好きで、いつか一緒に暮らしたいと願ってきました。しかし、家族の反対などでなかなか実現できずにいました。

実は、今飼っているコーンスネークをペットショップで購入する際も、夫とちょっとした喧嘩になってしまいました。夫は大の爬虫類嫌いで、ヘビを飼うなんてもって他だ!と怒ってしまったのです。
しかし、絶対に水槽から出ないように工夫することと、リビングには置かないことを条件に、なんとか許可を貰って、ようやく念願のヘビとの生活を手に入れたのです。

ヘビの飼育と言うと、かなり面倒なイメージを抱いている方も多いかもしれません。確かに種類によってはかなり温度管理やエサに気を遣う必要がありますので簡単ではありませんが、ペットとして定番のコーンスネークであれば、それほど難しくはありません。
専用のヒーターだけで温度管理はできてしまいますし、エサも冷凍のマウスを自然解凍して与えるだけです。ヘビはそれほど頻繁にエサを食べる生き物ではありませんので、食費もあまりかかりません。猫や犬なんかよりもずっと飼いやすく、低コストなのです。
基本的に、あまりさわるとストレスになり、寿命を縮めることになりますので、頻繁に触れ合うことはできませんが、見ているだけでも幸せな気分にしてくれます。

私はアロマセラピストとしてさまざまな人を癒す仕事をしています。その一方で、私もさまざまなペットと一緒に暮らすことで癒されているのかもしれません。

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.