EDのお客様~その2~ジャップカサイとは?

ケース2のEDのお客様は、良い治療法がないかと色々なことを試していました。タイの伝統的な睾丸マッサージもその一つです。その効果や実態はどういったものなのでしょうか?

ここでもCHIAKIは「貴方なら治りそうだから、試してみたい!」と言われることになるのでした…。

◆EDのお客様~その2~

この方はアラサーのお客様。年齢的には何も問題がありません。仰向けになりマッサージも後半にさしかかった頃、「実は俺EDになっちゃってさ…」と打ち明けられました。

原因を聞いてみると、彼女の一言が引き金でした。性器の形について何気なく言われたことがショックだったようです。男性は意外とナイーブなのですね。気をつけなければいけませんね。

ちゃっかり露出し、形が変じゃないか真剣に尋ねてきます。やはり元気はないようです。別におかしいところはなかったので「気にすることないですよ」とその旨をお伝え。

タイの施術法。陰茎には触りません。

<手順>
○熱い布で睾丸を陰嚢ごと包み込む
○数分間、温める
○柔軟性が増したら、オイルなどを陰嚢に塗布
○睾丸を包むように後ろから優しく持ち上げる
○睾丸の表面を軽くなでる
○睾丸を軽く引っ張る


初めての人は、全身に電気が走るように感じる方も多いのだとか。 男性にやってもらうことに抵抗を感じる方もいるでしょうから、タイの女性の方に試してもらう価値はありそうですね!

しかし風俗店の方を呼べばコトがスムーズなのに…。何故マッサージ師を呼ぶのか未だに不思議です。EDになったと自分で思っているなら、専門の医院に行って診断を受けるのが当たり前だと思うのですが、なぜ他の手段で解決しようとするのか?もしあなたがEDなら、あれこれ悩む前にバイアグラを処方してもらって試してみたほうがいいのでは。私のような専門外のセラピストに期待されても、正直困ります…

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.