CHIAKIの奮闘ダイアリー 番外編>

◆「お色気系アロママッサージ」と混同されることが多いんです!

CHIAKIが奮闘することとなった、出張型のマッサージ店。回春エステ店やデリバリーヘルスのように、性的なサービスがあるのではないかと思われることが少なくありません。風俗店ではない旨をお伝えしても、内密に交渉しようというチャレンジャーが後を絶ちません。

自宅やホテルなどの「お客様がリラックス出来る空間」は、ハメを外すことを助長してしまうようです。店舗型ではないセラピストは、言わば相手のテリトリーに入り込むようなもの。普通にマッサージを受けて下さる方もいる中、残念ながら欲望に勝てない男性が多いことは事実。自分が気を付けて、対策を取って行かねばなりません。

◆人には向き・不向き、適性がある!

私は、体調の面でどうも朝からの仕事が向いていないようです。さぼりだとか気合いが足りないと思われるかもしれませんが、何度、日中の勤務にチャレンジしてもダメ。

昼間の仕事より、夜の方が元気で長続きしています。それに加え、店舗型のように、背が高いベッドで何人も数をこなしていくものも不向きでした。マットレスや大きなベッドに、自分も乗れる状態が一番やりやすいようです。最初こそ、我慢すべきだとか、慣れなきゃダメだと思っていましたが、それは違うということに気付きました。
その点、夜中心の出張マッサージという働き方は、私に向いていたようです。時間帯や揉む時の環境、一晩にこなす人数、稼ぎ。ほぼ花丸でしたが唯一、「ヘンタイ」客の壁には勝てず、自分のやり方で出張のお店をやってみよう!と独立。今に至ります。 自分にとってストレスの少ない働き方を見つけることが、いかに大事かということに気付かされました。それに気付き実践していくことが、確実に収入面にも現れています!私が独立したことは、間違っていなかったのだなと確信しました。お客様をベストな状態でケア出来るように、何はともあれ、自分が元気でいなければならないと、つくづく思います。

◆開発中!?新しいタイプのマッサージ!

強揉みや、痛いくらいでないと効かないと思っていらっしゃる方もいます。しかし、CHIAKIが実践していく中で、穏やかなマッサージでも充分効き目があり、むしろリラックスするということが分かりました。
今、目指すものは、「メンタルとボディ」両面のケアです。ボディケアの後、完全に脳のスイッチがオフになるところまでに持って行こうというのが、新たなる試みです。

これこそが、CHIAKIが目指す道!現在、よりリラックスした環境で受けていただけるよう、「隠れ家サロン」の開店準備に追われています。早く皆さまに提供できることを、楽しみにしています!

Copyright(c) 2013 アロマセラピストCHIAKIの奮闘ダイアリー All Rights Reserved.