なぜ!?出張マッサージでは、意外と少ない女性客!

CHIAKIが勤めていた出張マッサージ店では、男性客が圧倒的に多く、女性客の利用は少ない傾向にありました。ご夫婦やカップル、女友達同士はたまにいらっしゃいましたが、女性一人客となると、あまりいません。
さらに、どちらかと言えば、家に呼ばれるよりもホテルへ呼ばれることの方が多かったようにも思えます。女性客が少ない理由とは何なのでしょうか?
出張マッサージの偏ったイメージ!?
女性のお客様が一番不安に思うのは、安全面かもしれません。HPの情報しかない、実態のないお店。さらに見知らぬ人間を家に呼ぶのですから、危険なことがないとも限りません。女性セラピストの方が多いとは言え、一人暮らしの女性にとっては、不安があるでしょう。
パートナーや友達など、二人で受けることが多いのはこう言った理由からかもしれません。また、家よりホテルの方が素性が知られない分、安心できるのだと思います。
男性は、デリヘルや風俗嬢を呼ぶ方もいます。出張マッサージ店でも、Hなサービスがあるのではないかと勘違いして、利用する男性客がほとんどです。逆を言えば、「出張マッサージは男性が利用するものだ」というイメージができてしまっているのかもしれません。
家の中では解放出来ないわ!!
家庭を持っている女性にとっては、旦那さんやお子さんの手前、マッサージを気軽に家に呼ぶことが難しい方もいます。「部屋が散らかっているので、恥ずかしい」と気にする方も。
オシャレで優雅な感じを受けるサロンやアジア風の内装など、雰囲気を楽しみたい方もいるでしょう。家で頑張っている主婦にとっては、非日常空間である、お店の方が癒されるのだと思います。日常生活からの解放を求めているに違いありません。
女性客一人で、男性セラピストを呼ぶ危険性!?
ほとんどの女性客は、同性のマッサージ師が良いと感じるようですが、中には男性の方がリラックスするという方もいらっしゃるようです。結局マッサージとは、人と人との繋がりです。精神的にリラックスする施術者が、一番良いと思います。
しかし、危険性もあります。もしもの場合無防備な状態で、体力では男の人に太刀打ちできるとは思えません。望んでいないにも関わらず、わざわざ男性の施術者を呼んだせいで、変な勘違いをされてしまう可能性もあります。
住所や電話番号が知られてしまうことも怖いことです。このような点では、店舗型の方が安心感があるように思います。
出張型を利用する女性が極端に少ない理由には、残念ながら、こういった背景が大いに影響しているようです。もっと出張マッサージの利点を知って欲しいなと思います。また、女性が利用しやすいお店作りや不安感をなくす努力こそが、今後店側には絶対に必要な配慮となってくるでしょう。